社会

スポンサーリンク
社会

コーヒーパルプが森を救う?廃棄物が森の再生に利用される取組み

世界の森林減少に伴い大気中の二酸化炭素が増加し、地球温暖化の加速が問題になっています。 加えて、森林や熱帯林の減少は、その場所に生息する様々な生物の住処をなくし、絶滅危機に瀕することも懸念されています。 この問題に対し、海外では...
社会

自動運転への第一歩!自動運転レベル3を搭載した自動車について

これまでの自動車は、ドライバーが操作することにより動くことのできる機械でした。 しかし、自動運転化技術の発展に伴い、自動車がドライバーなしで動くことができるようになりつつあります。 そのような中で、最近国内でも自動運転レベル3を...
社会

20年以上かけて開発された赤いキウイとは?

キウイフルーツといえば、多くの方は果肉が緑色のグリーンキウイ、または果肉が黄色いゴールドキウイを思い浮かべると思います。 最初はグリーンキウイしかありませんでしたが、開発が進みゴールドキウイが世の中に登場するようになりました。 ...
社会

日本特有の文化が環境問題に影響!?無印良品のニュースを受けて

無印良品で販売されている飲料ドリンクの容器を「ペットボトルからアルミ缶に変更する」というニュースが流れてきました。 この背景には、脱プラスティック化による環境問題があります。 これから日本人としてどのように環境問題と向き合ってい...
社会

東芝の元派遣社員が語る20年の軌跡や買収について

東芝は最近イギリスのCVCキャピタルパートナーズに、2兆円の買収としてニュースになっているが、その前になんで原発の失敗からも見られるようにこうした買収になるような事態の企業になってしまったのか? 実は派遣で数年間地元という事で、最近話...
社会

日本のインバウンド需要取り込みを拡大させる方法

日本は観光立国としてここ数年、海外からの観光客を1000万人、2000万人と想定以上のペースで増やしてきたのが実態です。 国策として、日本を観光立国としてさらにその魅力を増すことが少子高齢化が進み、なかなか日本人の来訪を見込むことが難...
社会

20人に1人いるヤングケアラーとは?海外と日本の意識の違いや課題

2021年4月19日付けの朝日新聞の天声人語に若年介護、いわゆるヤングケアラーについての記事が載っていました。 作家の川端康成氏も中学生の頃祖父の介護をしていたということから、ヤングケアラーの立場にある子供たちについての最近の全国調査...
社会

アメリカと中国の対立

中国が経済発展に伴い武力威圧を強めて、周辺国に脅威となっていることについて日本をはじめ諸外国が懸念を強めています。 特にアメリカは、人権問題をはじめ中国の脅威に対して強い懸念を表明していることはよく知られているところです。 中国...
社会

新しい働き方改革!転職や副業はあたり前!雇用の多様化で生き残れ

日本の様々な市場において働き方は世界に比べて遅れていると言われています。男女平等の雇用機会、昇格のタイミング、賃金、画一的な働き方しか認められない。 このような課題をあげていくとキリがないのが実情だと思います。 しかしながら、企...
社会

日本の自動車産業の未来。電気自動車の発達とエレクトロニクス化

日本の自動車産業は今後どうなるのか?世界の自動車メーカーから遅れない為に、電気自動車の発達とエレクトロニクス化が重要。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました