電動自転車の売り上げが増加中!その理由は意外な理由

スポンサーリンク
電動自転車 暮らし

現在、日本ではたくさんの電動自転車が存在していますが、2020年から現在に至るまでものすごく売り上げを伸ばしていて、なんと原付バイクやオートバイというエンジンで走行する乗り物を置いて首位となっています。

電動自転車は、バイクや原付きに比べて料金が安くて購入者が増えつづけています。さらに健康志向の方に選ばれり、仕事でも利用できるとあって人気が衰えることがありません。

電気自動車が売れる意外な理由を深堀りしていきます。

スポンサーリンク

電動自転車が売れる理由は安さ

電動自転車安い
その理由ですが、単純に理由を述べると健康志向と自転車自体の単価が安くなり良い影響を及ぼしているため電動自転車の売り上げが増加しているのです。

例えば、原付はおおよそ、中古品でも5万円以上しますし、車両登録や各種保険に中古車の検査料などを踏まえるとかなりの額になります。

一方で電動自転車はというと保険に加入してもおおよそ10万円以下で新車が購入できますし安全装備なども充実しています。

ここが電動自転車が売り上げを伸ばす要因で、要は安全装備や機能の充実をオートバイ側が図ると技術料がかかり車両価格という形で影響を及ぼします。しかし、自転車であれば車両価格を抑えることができるため、技術料が高くともおおよそ価格にはあまり大きく影響しないのです。

しかも、電動自転車の売り上げに追い風を与えたものがあり、それはバッテリーの長寿命化という技術の向上が挙げられます。またデザインが旧来のママチャリ型のデザインを一新することで、スポーツタイプの電動自転車を売り出すという新しい戦略も電動自転車の売り上げを増加させている要因となります。

逆を言えば、オートバイや原動機付き自転車は残念ながら打つ手という物がなくEV化して走るという選択肢しかないのですが、これを行ったとしても残念ですが、電動自転車に打ち勝つことはできないでしょう。その理由は航続距離が問題で、電動自転車は人間がこぐパワーをアシストするだけであるため、必然的にEV自動車やバイクよりもエネルギー消費量が少ないのです。

これを踏まえると、EV自動車及びバイクはよりバッテリーを大型化して軽量化する必要性があります。また、現段階では軽量化した場合、リチウムを保護するケースの強度不足などでバッテリーが破損するという問題に直面します。バッテリーを作るメーカー側が自転車側に味方をしていることを考えると、電動自転車の方がバッテリーのニーズがあるという逆転現象が起きているのです。

もちろん、トヨタや日産のように電動自転車コンテンツに力を入れているメーカーであれば、バッテリー自体を自社で製造することは可能でしょう。しかし、メーカーに委託して製作してもらう方がお得ですので自然とバッテリーの需要も電動自転車側に流れ価格競争が激化することで電動自転車側がニーズのあるものとなっているわけです。

電動自転車は、健康志向の方にも人気!仕事で使用できる強みもある

電動自転車健康

電動自転車の売り上げが伸びる要素ですが、健康志向が過熱した場合、ロードバイクという自転車がたくさんの売り上げを上げますがそれと同時に電動自転車も売り上げが伸びます。

その理由は、すでに健康でありスポーツを行っている方は電動自転車は必要としないです。
ですが、あまり健康ではない方や体が弱い方が運動するとなるとある程度アシストを必要としますので、自然と電動自転車を購入するのです。
しかも、ロードバイクと電動自転車を比較した場合、ロードバイクの方が価格が高いわけですから、これから健康になりたいと願う方はアシスト機能がある電動自転車を選ぶという選択肢が可能なのです。

電動自転車はそれだけに及ばす、仕事に用いることも可能で、重い荷物を運搬する必要性がある、宅配便やまたは時間制限があり、決められた時間までに飲食物を運搬するウーバーイーツなどのお仕事をする方にも必要な存在です。

特にウーバーイーツであれば、得られた報酬から電動自転車を購入することも容易なため、運搬作業を担う方には特に需要があり、ロードレーサーを購入しようと検討していた方が選ぶ候補の一つでもあるのです。

ロードレーサーは利点においては速度十品自転車ですが、問題においては漕ぎ出しにくいという問題の他、体を鍛えている人物でなければ扱うことができずバランスをとるのが難しいという問題があり、それを踏まえると自転車に乗ることができれば扱うことが容易であるという電動自転車はこれからも売り上げを伸ばすコンテンツの一つであると言えます。

なお、何故、バイクが売り上げを伸ばせないかですが、これは単純に必要経費が大きいという問題もあり、メンテナンスを必要とするためです。

もちろん電動自転車もある程度ブレーキパッド交換やバッテリーを新品に交換するという必要性がありますが、それを踏まえても維持費は自動車やバイクの比ではなく、安上がりです。

しかも渋滞に関係なく走行可能であるという大きな得点もありますので、伸びないコンテンツなわけがないと結論します。

逆に、自動車は案外とEV化に失敗するのではないかとみられており、その理由はバッテリーの充電効率および、バッテリーを充電するエネルギーって何処から得るの?等未だ問題解決に至ってないものが多いため場合によっては自転車以下の移動手段となる可能性も否定できないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました